2011年11月9日水曜日

コラボ食堂

信州上田、柳町。かつては北国街道の要として栄え、古くからの石畳の道路や長屋が軒を連ねる美しい街並みを見ることができ、映画の撮影などにも数多く使用されている、素敵な街並。
そこに『コラボ食堂』はあります。



地産地消をテーマに、地元の人々が日替わりでシェフを務める、
’ワンデイシェフ’ システムのコミュニティレストラン。

私は、信州野菜とオリーブオイルを味わうランチ、
をキャッチフレーズに掲げ、ランチを提供しました。
屋号は『 Olive cafe Mila 』。
delponteエキストラバージンオリーブオイル、七味オリーブオイル
を使用しています!

第1回目メニュー /
青しそのジェノベーゼ 冷性カッペリー二
なんばんとキノコのソテー 七味梅ソース
シャキッとキャベツ ポテトとガーリックのポタージュ
大根の七味マリネ
ラタトゥユ ケーク・サレ
>>当時のレポートはコチラ。しなののかたち
デザートの、「ルバーブと白ワインの寒天流し」。
ルバーブは、大手スーパーなどで販売されているのは輸入物が主。
日本では長野県でしかほとんど作られていないから、ぜひ使いたかった食材!茎の赤い部分と、緑の部分を分けて、2色寒天にしました。

第2回目メニュー/
塩豆腐ケーク・サレ
トマトのミニケーク・サレ サンド
しいたけのピンチョス
しらたきのサラスパ風
有機野菜のサラダ&ピクルス
雑穀入りミネストローネ
赤しそと冬瓜のゼリー
>>当時のレポートはこちら。しなののかたち

新鮮な野菜の味が決め手な、有機野菜サラダやピクルス、
スープの出しには
たんぽぽyou農さんのお野菜を使わせていただきました!

必要な野菜は、自分で取ってきて~。
と農園主のやよいさんに声かけていただき、

えっさえっさと、トマトのハウスにいったり、きゅうりを取ったり、手頃な大きさのかぼちゃを探してとったり、バジルを摘んだり・・・

スープの出しを取るお鍋の中は、そんな畑からいただいてきた野菜くずをたっぷり。
農薬や化学肥料のない、本物の野菜の恵みでいっぱい。
本当にいい香りで、スタッフの方や、隣のお店の方まで、のぞきに来てくれたり^^


コラボ食堂のテーマは
地産地消、地元で取れた新鮮な食物を、地元の人々により楽しんでいただけるように提供する。
それが魅力的に感じるのも、長野県が作物が豊富な土地だからこそ、というのは言うまでもありません。
コラボ食堂は、たくさんの地元の人々が、様々な形で繋がっています。

そういった背景があるからか、料理を作る時もより幸せだったし、
食べて喜んでもらえた時には、またその幸せが広がった様に感じました。



畑の風景が、私の料理というフィルターを通して、
誰かの笑顔に写っている。

そんな幸せな景色に包まれました。


コラボ食堂では、本当に素敵な体験をさせていただきました。

コラボ食堂でお世話になった皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです^^
一緒にランチを作ってくれたアキさん、ナナちゃん、本当にありがとう!!

0 件のコメント:

コメントを投稿